1. Home
  2. 原産地証明
  3. 一枚に記載しきれない場合
貿易証明登録について 各種証明書の発行 書類の訂正・追加 貿易証明センター

アタッチシート方式 原産地証明書用紙の1枚目に商品名総称、総数量、梱包数を記載し、さらに「Details as per attached sheet(s)」と注記したうえで、詳細を記載したアタッチシートを添付する方法です。

アタッチ方式サンプル

サンプル サンプル サンプル

1枚目に最低限必要な内容

   1.商品名総称
   2.総数量と数量単位
   3.梱包数と梱包種類
   4.「Details as per attached sheet(s)」という注記

  • アタッシートはA4版の白紙(申請者のレターヘッド等は使用不可)を使用し、上部に原産地証明書用紙と同様に「Marks, numbers、number and kind of packages, description of goods、Quantity」のうち、アタッチシートに記載する内容の項目を表示した上で、必要事項を記載してください。

  • アタッチシートが2枚以上にわたる場合は、「1/2」のような形で原産地証明書用紙を除いたアタッチシートのページ数を入れてください。アタッチシートが1枚のみの場合は、ページ数は記載しなくても結構です。

  • アタッチシートに宣誓文を記載することはできません。宣誓文を記載する場合は、1枚目に記載するか、連続記載方式にしてください。

連続記載方式1枚の原産地証明書用紙に記載しきれなかった残りの部分を、原産地証明書用紙に連続して記載する方法です。

連続記載(To be continued)方式サンプル1

サンプル サンプル

  • 最後のページ以外の「9. Declaration by the exporter」および「10. Certification」を斜線で削除してください。申請者の署名は最後のページにのみ入れてください。

  • 最初のページ以外の「1. Exporter」から「6. Remarks」までの各欄を斜線で抹消してください。

  • 最後のページを除く全ページの「7. Marks, numbers, number and kind of packages, description of goods」の下部に「To be continued」と記載し、全ページに「1/2」のような形でページ数を記載してください。

連続記載(To be continued)方式サンプル2

サンプル サンプル サンプル


  • 最初と最後のページのみに原産地証明書用紙を使用し、中間ページをA4版の白紙(申請者のレターヘッド等は使用不可)を使用しても結構です。この場合、中間に使用した白紙の上部に原産地証明書用紙の項目と同様に、「Marks, numbers、number and kind of packages; description of goods、quantity」の各見出し項目を表示したうえで、詳細を記載してください。

  • 最初のページと最後のページの「7. Marks, numbers, number and kind of packages, description of goods」を空欄で申請することはできません。

  • 最初のページの「9. Declaration by the exporter」および「10.Certification」を斜線で削除してください。申請者の署名は最後のページにの み入れてください。

  • 最後のページの「1. Exporter」から「6. Remarks」までの各欄を斜線で抹消してください。

  • 最後のページを除く全ページ(最初の原産地証明書用紙と中間に使用した白紙)の「 Marks, numbers, number and kind of packages, description of goods」の下部に「To be continued」と記載し、全ページに「1/3」のような形でページ数を記載してください。


申請ファイルのダウンロード
お問い合わせ、貿易証明センター窓口

名古屋商工会議所
産業振興部内
〒460-8422 
名古屋市中区栄2-10-19 
商工会議所ビル5階
TEL:052-223-5725・5721
FAX:052-232-5751
地図

証明受付時間
月曜日〜金曜日
09:00〜 12:00
13:00〜 16:30
受付は16:30までです。16:30以降の申請は受理できません。ご注意ください。
※土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29〜1/3)は休み
登録・申請は、必要書類を用意して直接「貿易証明センター窓口」まで持参してください。
郵送による手続きは一切受け付けておりません。
フッター
このページを印刷する ページトップ